カフェとハンドメイドの複合施設「omo café +c」

茨木市のまちづくり会社である「FICベース株式会社」では、中心市街地の活性化に向けた取組みとして、明治時代に建築された古民家をカフェとハンドメイド品等を販売する複合施設として改修しました。キーテナントであるカフェ事業者は、京都で有名なカフェレストラン「omo café」(オモカフェ)、大阪初出店です。これらの取組みにより、商店街に居心地の良い店舗を誘致し、にぎわいの核となる拠点をつくるとともに、ハンドメイドクリエイターが低賃料で創業できる魅力ある商業空間の創出を目指します。

omo café +c とは

株式会社ザックエンタープライズが運営するカフェの店名「omo cafe」に、クリエイター(Creator)とコミュニティ(Community)の頭文字の「C」をプラスしました。
「カフェに訪れる人と、クリエイターとのコミュニティが生まれる場」というコンセプトです。

茨木市商店街近くの古民家外観

「少し前まで人が暮らしていた古い家」が、素敵なカフェレストランへ生まれ変わります。

そしてそこには、クリエイター作品を手にとって見ることができる場所があります。

omo café +c は、2022年5月13日(金)にオープンいたします。


進行状況はスタッフ日記で更新しています。